総務渉外委員会

委員長 野里隣太郎
副委員長 秋山 統則 (財務担当)
幹事 鈴木 誠
委員 石井 隆浩、矢野 秀樹

《基本方針》

昨今の秦野青年会議所では、入会歴の浅い会員が過半数を占め、それに伴い青年会議所活動に対する主体性や責任感の希薄化など個々の意識にも変化が生じています。そのような変化の中で、当青年会議所の事業が適切に遂行されるようにするため、理事会や各委員会の運営を改めることで組織をより確固としたものとします。また、学びの機会を得ることができる各種大会やセミナーへの出席を積極的に促し個人の意識を変えていきます。

本年度の当委員会では、理事を対象としたセミナーを開催し、議案に対する理解を深めることによって理事会をより成果を伴うものとし、当青年会議所運動の活性化の一助とします。理事会の決定事項については、各委員会が共通のアジェンダを使用してその内容を伝えることにより、会全体での情報共有を図ります。渉外事業においては、神奈川ブロックを初めとする日本青年会議所の各種大会やセミナーへ積極的に参加することを促します。そのために、事業の日程を早期かつ継続的に周知し、該当する事業内容の紹介と出向者からの報告により会員の理解と関心を高めます。そして、会員が各種事業に参加し、他LOMとの交流を深め知見を広げることこそが成長の契機となることを認識してもらいます。市長講話では、市長より秦野市の将来についての展望を拝聴することにより、今後のまちづくりについての指針が得られるような事業とします。また、公益法人格を維持するためには適切な会計処理が求められます。そこで、財務セミナーは適宜実施し、会計担当者には財務処理に必要な知識を身に付けて頂きます。

当委員会は、適切な組織運営を通じて青年会議所の事業遂行をサポートし、会員の青年会議所活動に対する主体性や責任感の覚醒へと導きます。一人ひとりの意識の変化による成長こそが秦野青年会議所の発展を促し、その結果は地域への貢献へと繋がります。


《事業計画》

1) 事業の遂行 (登記関係及び公益関係の手続き、各種資料の作成・保存管理)
2) 定時総会、臨時総会の設営
3) 健全な財務処理の励行
4) 理事セミナーの実施
5) 秦青発の管理
6) 通信物の管理
7) メーリングリストの総合管理
8) 冠婚葬祭の連絡
9) 出席率の管理 (アテンダンス制の実施管理、例会欠席者への出席勧告)
10) 管理台帳の維持、管理
11) 公益社団法人日本青年会議所、関東地区協議会、神奈川ブロック協議会との連絡調整
12) 各種大会・会議・事業等の情報提供と参加要請
13) 特別会員・シニアクラブとの連絡調整
14) 出向者への支援協力
15) 行政・各種団体との連絡調整
16) 新入会員への神奈川ブロックベーシック研修への参加促進
17) 会員拡大
18) 事業のメール配信 (事業毎)
19) 活動記録等の保存
20) 委員会議事録の作成・保存
21) 事業反省委員会の実施
22) ジャンボ火起こし綱引きコンテストの企画・運営
23) 懇親会の設営
24) JCルームの整理整頓

《年間スケジュール》

1月~12月 会員拡大、財務セミナー
1月 京都会議の参加窓口
2月 第一例会 (定時総会)
4月 第一例会 (市長講話)
5月 第一例会 (4LOM合同)、ASPACの参加窓口
7月 中間決算、サマーコンファレンスの参加窓口
8月 第一例会 (臨時総会)、関東地区大会の参加窓口
9月 ブロック大会の参加窓口
10月 第一例会 (次年度理事長所信表明)、全国大会の参加窓口
11月 世界大会の参加窓口
12月 第一例会 (定時総会)、決算

《委員長抱負》

卒業を迎える本年度において初めて委員長の大役を仰せつかりました。委員長という職務に不安はありましたが、JCが私に与えてくれたものを少しでも返したいという思いから、委員長職を拝命致しました。当委員会では多くの仕事が事務的な作業の積み重ねとなりますが、一つひとつ着実に積み重ねることで与えられた職責を果たしていきたいと考えております。私を含めて経験が浅いメンバーが多い委員会ですが、最後までメンバーが協力し頑張っていく所存ですので、ご指導、ご協力頂けますようお願い申し上げます。


拡大ジャンボ委員会

委員長 田上 貴之
副委員長 関野 貴紘
幹事 武井 豪
委員 川口 剛史、熊井戸知剛、関野 隆明、鳥澤 康裕

《基本方針》

現在、秦野青年会議所では会員が減少傾向にあります。当青年会議所が考える構想を積極的かつ持続的に展開するためには、変革意識を持った意欲ある青年の力を集結させることが重要です。また、ジャンボ火起こし事業は秦野たばこ祭にはなくてはならない存在となり、その魅力を更に広く市民に浸透させる為には、時代の変化に合わせた新たな手法による展開が必要と考えます。

会員拡大では、会員間で対象者の情報や現状の問題点などを意見交換し、共有することで拡大に対する意識を高めます。また、会員に担当を付けスケジュール管理、進捗及び動員状況を把握し、その情報の共有化を図ることで拡大活動に対する目的意識を維持します。拡大例会では、対象者にまちづくりの楽しさや重要性を感じる内容とし、まちを変革する意識を高め、青年会議所の存在意義を感じて頂きます。さらに、入会を促す活動説明会の場を作り事業や目的の理解を深めて頂きます。年間を通し多種多様な考えや意見を持った入会対象者に対して、個別面談及び交流会など、それぞれに合わせた手法を用いて多くの入会へと繋げます。ジャンボ火起こし事業では、行政や学校機関、諸団体との調整を綿密に進め企画段階から多くの市民が「参加したい」「参加して良かった」と思える事業を推進していきます。市民参画型の事業を展開し、まちの魅力を発信することで、市民の郷土愛を醸成していきます。また、若い会員の積極的な行動を促し、これまでの伝統を継承するとともに、今後の市民主軸による運営の基礎を作っていきます。

新しい同志を増やすことで、当青年会議所の運動を更に発展するものとします。そして、我々の運動を通し、魅力あるまちの展開へと繋がり市民の意識を覚醒させこのまちと当青年会議所の価値を高めて参ります。


《事業計画》

1) 会員拡大事業の企画・運営
2) 活動説明会の企画・運営 (入会説明会随時)
3) 拡大交流会の企画・運営
4) 新入会員セミナーの企画・運営 (適宜)
5) 会員拡大 (14名)
6) 事業のメール配信 (事業毎)
7) 活動記録等の保存
8) 委員会議事録の作成・保存
9) 事業反省委員会の実施
10) ジャンボ火起こし綱引きコンテストの企画・運営
11) 懇親会の設営
12) JCルームの整理整頓

《年間スケジュール》

1月~12月 会員拡大
3月 第一例会 (拡大例会)
6月 第一例会 (交流例会)
9月 第一例会 (たばこ祭)
11月 第一例会 (忘年例会)

《委員長抱負》

入会3年目となります本年、委員長という大役を拝命いたしました。秦野青年会議所にとって重要な継続事業を担うこととなり大きな責任を感じておりますが、自ら積極的かつ主体的に一年間、邁進する所存でございます。当委員会は、お互いを尊重し合い、活発に意見を交換できる場を作っていきます。それぞれの個性を活かし、メンバー全員が輝ける委員会にすることで、自己の覚醒にも繋がる修練の場にしていきます。まだまだ経験不足で至らぬ点もあるかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。


WAKE UP委員会

委員長 栁川 太郎
副委員長 宮﨑 悟、山下明日香 (広報担当)
幹事 中村 修平
委員 大森 祐介、鈴木 弓弦、谷 哲也

《基本方針》

一昨年、若い世代の意見をより反映出来るという期待などを目的に選挙権が18歳以上に引き下げられました。しかし、全国的に次代を担う人達は地域に対する関心は低いと考えます。秦野市も例外ではなく、このまちの発展には若い世代の郷土愛を育み意見を交換することが重要となります。また、我々の運動を幅広い世代へ伝えることで市民の意識が変わり、明るい豊かな社会へと発展していくと考えます。

本年、当委員会では秦野市高校生議会を開催し、高校生を対象に自分たちが住み暮らすまちを信じて自ら行動する人材へと成長させる為に事業を展開していきます。その為にはまず、生徒自ら現状の問題点を抽出して未来の展望を考える事でまちに興味を持っていただきます。課題に対し現状を調査、研究することで意識を向上させ、地域の可能性を感じていただきます。そして、見聞を活かし各々の見解を述べるとともに、意見交換を行うことで地域の未来を背負っているとの自覚を促し、未来像を描いてもらいます。さらに、秦野市議会本会議場にてそれぞれの意見を提案することで普段では感じることの出来ない体験を通し、自身のまちに対する意見を発言していくことで意識の変革を果たします。また、対外的に若い世代が考えるこのまちの展望を生徒と協同し、発信していくことで市民意識の変革に繋げます。その為には、基盤となるLOMホームページを再構築するとともに、情報伝達効果の高いSNSを活用していきます。また、それぞれの委員会と連携し、積極的に市民に情報を届け当青年会議所の必要性を伝え、より信頼される団体へと繋げていきます。

当委員会は若い世代の郷土愛を育み、次代を見据え地域の為に自ら行動する人々を増やして行きます。また、その運動を多くの市民に伝えることで、市民意識が覚醒し、まちの発展へと繋げてまいります。


《事業計画》

1) 秦野市高校生議会の企画・運営
2) SNSの管理運営
3) LOM事業に関する対外PR活動
4) オープン委員会の開催
5) 3分間スピーチの運営
6) 会員拡大
7) 事業のメール配信 (事業毎)
8) 活動記録等の保存
9) 委員会議事録の作成・保存
10) 事業反省委員会の実施
11) ジャンボ火起こし綱引きコンテストの企画・運営
12) 懇親会の設営
13) JCルームの整理整頓

《年間スケジュール》

1月~12月 会員拡大、オープン委員会
1月 第一例会 (賀詞交歓会)
5月 第二例会
7月 第一例会

《委員長抱負》

青年会議所への入会から6年目となり、委員長という大役に自身の成長への期待と同時に、不安と責任を感じています。しかし、多くの先輩方から委員長を経験することが一番自身の成長へ繋げることが出来ると聞き及んでおります。1つ1つ委員会の担いを精一杯にこなし1年間邁進していく所存であります。当委員会ではメンバーにとって参加しやすい委員会となるよういかなる場合も笑顔で接し、意見を言いやすくしメンバーの良いところを引き出していけるよう努めていきたいと思います。未熟ゆえメンバーや先輩方にご迷惑をかけることもあるかと思いますが、何卒ご指導ご鞭撻の程、よろしくお願いします。