青年会議所とは


青年会議所とは

 1949年、明るく豊かな社会の実現を理想とし、次代のリーダーとなる責任感をもって、お互いに切磋琢磨しようという情熱をもった青年有志による東京青年商工会議所(商工会議所法制定にともない青年会議所と改名)設立から、日本の青年会議所(JC)運動は始まりました。共に向上し合って、社会に貢献しようという理念は瞬く間に全国に拡がり、各地に次々と青年会議所が誕生。1951年には全国的運営の総合調整機関として日本青年会議所(日本JC)が設けられました。

青年会議所の特性

 青年会議所には、品格ある青年であれば、個人の意志によって入会できますが、20歳から40歳までという年齢制限を設けています。これは青年会議所が、青年の真摯な情熱を結集し社会貢献することを目的に組織された青年のための団体だからです。会員は40歳を超えると現役を退かなくてはなりません。この年齢制限は青年会議所最大の特性であり、常に組織を若々しく保ち、果敢な行動力の源泉となっています。
 青年会議所の理事長をはじめ、すべての任期は1年に限られます。会員は1年ごとにさまざまな役職を経験することで、豊富な実践経験を積むことができ、自己修練の成果を個々の活動にフィードバックさせていけます。
 青年会議所におけるさまざまな実践トレーニングを経験した活動分野は幅広く、OBも含め各界で社会に貢献しています。たとえば国会議員をはじめ、知事、市長、地方議員などの人材を輩出、日本のリーダーとして活躍中です。



JC三信条

1. 個人の修練(Training)
2. 社会への奉仕(Service)
3. 世界との友情(Friendship)

JC宣言

日本の青年会議所は
混沌という未知の可能性を切り拓き
個人の自立性と社会の公共性が
生き生きと協和する確かな時代を築くために
率先して行動することを宣言する。

綱領

われわれJAYCEEは
社会的・国家的・国際的な責任を自覚し
志を同じうする者 相集い 力を合わせ
青年としての英知と勇気と情熱をもって
明るい豊かな社会を築き上げよう。

The Creed of Junior Chamber International

We believe:
That faith in God gives meaning
and purpose to human life;
That the brotherhood of man
transcends the sovereignty of nations;
That economic justice can best
be won by free men through free enterprise;
That government should be of laws rather than of men ;
That earth's great treasure lies in human personality;
And that service to humanity is the best work of life.

JCIクリード(和訳)

我々はかく信じる:
信仰は人生に意義と目的を与え
人類の同胞愛は国家の主催を超越し
正しい経済の発展は 自由経済社会を通じて最もよく達成され
政治は人によって左右されず法によって 運営されるべきものであり
人間の個性はこの世の至宝であり
人類への奉仕が人生最善の仕事である。




秦野青年会議所歴代理事長 - 公益社団法人秦野青年会議所

    初代 1963(昭和38年) 小島 照男
   2代 1964(昭和39年) 古郡 義長
   3代 1965(昭和40年) 古郡 義長
   4代 1966(昭和41年) 三武 英夫
   5代 1967(昭和42年) 金谷 福雄
   6代 1968(昭和43年) 相原 繁久
   7代 1969(昭和44年) 大河原伸介
   8代 1970(昭和45年) 佐野哲太郎
   9代 1971(昭和46年) 吉川 秀一
   10代 1972(昭和47年) 仲原 章一
   11代 1973(昭和48年) 須山圭一朗
   12代 1974(昭和49年) 内藤 優
   13代 1975(昭和50年) 前島 繁伸
   14代 1976(昭和51年) 藤本亮太郎
   15代 1977(昭和52年) 高橋 捷冶
   16代 1978(昭和53年) 北村 久朗
   17代 1979(昭和54年) 井上 靖夫
   18代 1980(昭和55年) 佐野 英之
   19代 1981(昭和56年) 野島 光弘
   20代 1982(昭和57年) 見澤 裕喜
   21代 1983(昭和58年) 草山 美博
   22代 1984(昭和59年) 鈴木 泰雄
   23代 1985(昭和60年) 吉川 政一
   24代 1986(昭和61年) 山口 安男
   25代 1987(昭和62年) 井上 覚
   26代 1988(昭和63年) 原  秋穂
   27代 1989(平成元年) 武井 孝
   28代 1990(平成 2年) 桐山 清
   29代 1991(平成 3年) 河野 均
   30代 1992(平成 4年) 古谷 和秀
   31代 1993(平成 5年) 松下 勲雄
   32代 1994(平成 6年) 石井 時明
   33代 1995(平成 7年) 関野 道弘
   34代 1996(平成 8年) 浅田 一哉
   35代 1997(平成 9年) 石井二三夫
   36代 1998(平成10年) 岸  宏政
   37代 1999(平成11年) 北村 久史
   38代 2000(平成12年) 柳川 豊
   39代 2001(平成13年) 飯田 文宏
   40代 2002(平成14年) 相原 重幸
   41代 2003(平成15年) 桐山 浩幸
   42代 2004(平成16年) 和田 俊弘
   43代 2005(平成17年) 佐藤 勉
   44代 2006(平成18年) 佐野 博之
   45代 2007(平成19年) 加藤 剛
   46代 2008(平成20年) 三浦 義政
   47代 2009(平成21年) 高橋 滋樹
   48代 2010(平成22年) 中野 貴之
   49代 2011(平成23年) 佐藤 達也
   50代 2012(平成24年) 高橋 宏輔
   51代 2013(平成25年) 大屋 崇
   52代 2014(平成26年) 長澤 健
   53代 2015(平成27年) 遠藤 晶則